FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ハナブンメモ

人形を作っているはなの日々のメモ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
森見登美彦の「きつねのはなし」を読みました。
幻想的な話だったけど、わたしはまんが好きなせいか
場面場面の絵が頭に浮かび上がってきて面白かったです。
作者の描写の仕方がうまかったせいもあるのでしょう。

食べることも好きなので、
作中の人物が食べているものも気になります。

この中で「酒粕を焼いて食べる」という場面があるんですが
自分には馴染みのない食べ方だったので驚きました。
古道具屋の若くてどこかさびしげな女主人と大学生の主人公が
冬に、ストーブの前で酒粕を焼いて食べるのです。
女主人はたっぷり砂糖を乗せて焼いたのが好きです。
お酒は飲めないけどそれで女主人の顔は赤らみ
ふたりの静かなおしゃべりもはずみます。

ストーブで焼くって、アルミホイルを敷いた上に
固い酒粕を乗せるのかなあ。

家でオーブントースターで焼いてもあまりおいしくなさそうです。

だけどこの場面はとても好きで、
ふたりの近くない関係も、冬の外の寒さも、
ストーブの暖かさも白い湯気も相まって
そこで食べられる酒粕はとてもおいしそうに思えるのです。
そういうシチュエーションで食べてみたいです。
スポンサーサイト
2007.01.25.Thu 15:52 | ホン | trackback(1) | comment(2)
パソコンの前に向かうとき
飲み物を用意します。
コーヒーだったり紅茶だったり緑茶だったり
夏だと梅干をつぶして湯に溶かして飲んだり
冬だとすりおろしたしょうがを浮かべた甘酒だったり。
ルピシエの正月の福袋で一万円のを買ったので
今日はそこからアッサムを選んでいれました。

台所からパソコンのある部屋まで離れているので
しずしずとカップを掲げた右手を固定して歩くのですが
そうした動作があまりに無意識のうちに行われていて
注意力が散漫になっていたのでしょう。
大した距離でもないのに、
板の間に〝ぱしゃっ〟とやってしまってました。
〝ぱしゃっ〟と音がして〝はっ〟としました。
改めて見るとカップの中にはなみなみと紅茶が注がれていて
こぼさないで歩くほうが難しいってくらい。

こんなに入れたつもりはないのに不思議です。

単にぼんやりしていていれすぎただけのことなんでしょうが
無意識にしたことだけに記憶がなくて
もしかしたら、「カップのせいなんじゃないか」
と思えてきたりします。
歩いているうちに水があふれてくる、
ひしゃくのことを思い出しました。

喉の渇いたお母さんのために
水を探しに出た女の子の話ですよ。
こどもの頃に読んで、
どうしたら水をこぼさずに家まで歩けるだろうかって
真剣に悩んだおぼえがあります。

パソコンの横に置いてあるカップの紅茶は
時間が経つほどに減るばかりです。
常にあつあつの紅茶がなみなみと注がれている、
なんてことはありません。

ぽーっとして自分の行動も記憶にとどめられないと
不思議なことを信じてしまいそうになります。
2007.01.25.Thu 15:35 | ツレヅレ | trackback(0) | comment(0)
なんかもうあっという間に新しい年が来て
月日が過ぎ去ってゆきます。
きちんと積み重ねるものがあって
歳をとれていればいいのですが。

今年もどうぞよろしくお願いします。

ゼリーのイエ

年末に憧れの「ゼリーのイエ」のゼリーを食べられたことは
2006年にあった嬉しいことのひとつかしら。
クール宅急便なのでちょっと送り賃が高いのがキビシーけど
おいしかったですよー!
色もきらきらと美しいしね。
乙女の食べ物って感じです。
今年もちょっとぜいたく気分になりたいときに
また注文しようと思っています。
2007.01.11.Thu 20:07 | ツレヅレ | trackback(0) | comment(0)






<< 2007.01 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

はな
人形を作っているはなの日々のメモです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。